ホーム > インチェンジeco障子
  • eco障子とは?
  • 導入のメリット
  • 施工イメージ
  • ご注文から完成まで

インチェンジ eco障子衣替えが出来る機能建具

カーテン・ロールカーテン・ブラインドに代わる、新しい建具

戸外の日差しを柔らかく室内に届ける障子。
庭の樹木などが映る影によって、閉め切った時の心理的圧迫感を和らげながらプライバシーを保てるのが大きな特徴です。
直接的な視線を遮りつつ、採光・解放・遮蔽が同時にできる障子の素晴らしさは、古来より気の利いた建具として重宝されてきました。

インチェンジeco障子は、天然の木の格子(バルサム材)の中に、障子紙ではなく、ツインカーボ®を採用。軽くて扱いやすい上に、丈夫なこの新素材は機能性に富み、現在のサッシの内側に後付けで施工するだけで、住まいを快適な空間に変えます。

今お使いのカーテンもそのままご使用頂けるので、無駄なくお部屋のイメージチェンジが可能です。

夏は”よしず”に衣替え

蒸し暑い夏には涼しい自然の風を入れる”よしず”がおすすめ。インチェンジeco障子は、ご家庭で簡単に”よしず”(黒竹スダレ)に入れ替えができます。
外からの視線を遮りながら自然の風を取り込む昔からの日本人の知恵。優雅で風情のある雰囲気を演出致します。

そして寒さの厳しい冬には、木枠の中身をツインカーボ®に衣替え。このように季節に応じたユニークなインテリアとしても楽しめるのが、インチェンジeco障子です。
現代の日本の住宅のように、限られたスペースで、気候の変化に合わせたフレキシブ ルな変更をしなければならない住環境にあって、四季を快適に過ごすために、空間を 手軽に変えることが出来るインチェンジeco障子は、大変便利です。

障子紙じゃない、ガラスでもない 機能性に優れたツインカーボRの特性【旭ガラスAGC製】

防犯・安全・安心 割れにくく、燃えにくい性質

インチェンジeco障子は、ガラスの代わりにツインカーボ®(乳半・クリアー)を使用しています。ガラスの約200倍、アクリルの約30倍の対衝撃強度を持つ中空構造ですので、例えハンマーなどで叩いても割れません。
さらに火源が離れると自然に火が消える性質であるため、安心してご使用いただけます。

超軽量 扱いやすく、家屋を傷めない

ツインカーボ®は中空構造なので、同じ厚さの板ガラスの1/10以下と非常に軽量です。また、枠には軽量で丈夫な木材(バルサム材)を使用しているので、お年寄りでも簡単に扱うことができます。サッシや壁、床への過重負担も軽減できますから家屋を傷めません。

断熱性・保温性 夏は涼しく、冬は暖かい

空気層の出来る中空構造が優れた断熱効果を発揮。
同厚の板ガラスの約2倍の高い断熱性能・保温性能を持っています。

紫外線対策 内装や家具等の紫外線による劣化を防ぐ

ツインカーボ®は両面高耐候性を施してあるので、美しさが長持ちします。また、室内への紫外線の侵入を防いで、カーテン、タタミ、家具等の変色を防ぎます。

  • eco障子とは?
  • 導入のメリット
  • 施工イメージ
  • ご注文から完成まで