ホーム > インチェンジeco障子 > 導入のメリット

  • eco障子とは?
  • 導入のメリット
  • 施工イメージ
  • ご注文から完成まで

窓のお悩み、インチェンジeco障子が解決します。

冷暖房費を抑えたい!

寒さ・暑さをシャットアウトして冷暖房効率をアップ。

外窓とインチェンジeco障子の間に出来る空間(二重建具)と、中空構造でできたツインカーボ®が、外気と室内の熱をしっかりと遮断します。
窓から熱が逃げにくくなることで、冷暖房費節約効果も大幅アップ!エコと快適の両方を実現します。

冷暖房費を抑える、インチェンジeco障子のイメージ
なぜ木製の内窓(二重窓)にすると省エネになるのですか?
二重窓にすることによって、木の熱伝導率の低さと機密性の高さ、さらにその間に生まれる新しい空気層の相乗り効果で、冷暖房効率がさらに高まります。また室温が保たれますので、冷暖房の電力やガスの消費料を減らすことができるのです。
冬は暖房器具を使っても部屋の窓際は暖かくならないのですが、内窓を設置するとどうなりますか?
窓際が寒いのは、窓のアルミとガラスが外気の影響を受けて窓の内側が冷たくなるからです。
熱伝導率の低い自然木材のインチェンジeco障子なら、外の寒さを遮断し、室内からの熱を逃がさないので暖房の効率が高まり、窓際だけでなく部屋全体に暖房効果が現れます。
夏の日差しが強いと、冷房がなかなか効きません。内窓を設置すると改善されますか?
通常のアルミサッシは熱伝導率が高く、室外の熱が侵入して冷房効果が下がります。熱伝導率の低い自然木材とUVカットされたツインカーボ®(新中空素材)でできたインチェンジeco障子なら、外からの熱をカットし、冷房効率を高めることができます。

窓の結露を無くしたい

カビの発生を防いで清潔・健康。家屋も長持ち。

結露は建物の条件等により完全に無くすことはできませんが、熱伝導率の低い材質で出来たインチェンジeco障子は室内暖房時などにサッシや窓ガラスのように結露しません。
アルミサッシ内には水滴が多少着く可能性がありますが、内窓があることで水滴でカーテンが濡れることもなく、カビの発生を抑えて健康被害も防ぎます。

窓の結露を抑える、インチェンジeco障子のイメージ
なぜ、結露の発生を抑えることができるのですか?
熱伝導率が低く、外気温の影響を受けにくい木材(バルサム材)とツインカーボ®を使用しているので、インチェンジeco障子自体が結露しません。また、今あるサッシ窓と内窓として取り付けたインチェンジeco障子との間に生まれる空気層が、外気温の影響を受けにくくしてサッシへの結露の発生も抑えます。

室内の日焼けを防ぎたい!

内装、カーテン、タタミや家具の紫外線被害を防ぐ。

畳や壁紙、調度品は、窓から入る紫外線によって色褪せなどの痛みが発生します。インチェンジeco障子に使用しているツインカーボ®は、紫外線をしっかりブロックしながらも室内の採光を保つので、日当たりの良いリビングなどにも最適です。

空き巣や泥棒、地震も心配!

割れない
安心の防犯効果。ガラス窓の飛散防止に。

サッシのガラスを割られても、インチェンジeco障子のツインカーボ®は割れません(ガラスの約200倍の対衝撃強度)。また、地震等による窓ガラス破損時も、割れたガラスの飛散防止となるので小さなお子様や赤ちゃんのいるご家庭でも安心です。(鍵の取り付けも可能です)

外のうるさい音が気になる!

室内外の騒音を低減して静かな暮らしを実現。

二重窓となることで騒音を大幅に抑制。
もちろん室内からの音漏れ対策にも効果を発揮します。

開け閉めが面倒なのは絶対にイヤ!

高齢者にも扱いやすく、家屋への重量負担も軽減。

使われているツインカーボ®の重さはガラスの10分の1。枠も軽量の木製(バルサム材)ですので、どなたでも普段の開閉はもちろん、黒竹スダレに替える作業時も簡単に取扱えます。

夏は日射しを遮りながら、風通しも良くしたいのですが?
夏にはご家庭で簡単にツインカーボ®を黒竹製の"よしず"(オプション)に入れ替えが可能で、季節に合わせて衣替えをしていただけます。
内窓のテレビCMを毎日のように見ますが、他のメーカーの内窓との違いは何ですか?
日本家屋にもよく合う木製建具で、ガラスは使わず、旭硝子のツインカーボ®を使用しています(ツインカーボ®の特性はコチラ)。
また、夏には衣替え(黒竹スダレ)により中身を替えることができる機能建具です。
インチェンジeco障子の取付けは、大がかりな工事になるのですか?
今ある窓はそのまま残し、その額縁に内窓をはめ込みます。内窓はイージーオーダータイプですので、現場で採寸させていただいたサイズに合わせて製作します。取付け工事は、標準的な窓で一ヶ所あたり20〜30分ほどで完了します。
他社メーカーのほとんどがガラスを使用していますが、ガラスの代わりにツインカーボ®を使用したのはなぜですか?
ツインカーボ®はガラスの2倍の高い断熱性、保温性をもたらす省エネ素材であり、また、ガラスの200倍、アクリルの30倍の耐衝撃強度を誇る中空構造だからです。(ツインカーボ®の特性はコチラ
なぜ一体レールを金属性ではなく木製レールにしたのですか。レールが消耗しないのですか。
一体レールは敷居スベリを採用し、木の部分に直接建具が触れないようにしました。そのためレールが摩耗することがなくキズも付きにくいのです。
何よりもツインカーボ®は中空構造のため、ガラスの1/10以下と超軽量で荷重負担がかかりません。また、一体レールは熱伝導率の低い木で出来ているので結露しません。
今のカーテンはまた使えますか?
はい、簡単に取付けできます。費用もほとんどかかりません。
(今付いているカーテンとサッシの隙間が5.5cmあれば、カーテンはそのままで移動しません。もし、5.5cmの空間がなければ、額縁にふかし枠材を使用してインチェンジeco障子を取付け、カーテンレールはふかし枠に取付けます。ふかし枠は木製ですから、アルミや樹脂と比較して、価格は1/7以下で済みます。)
  • eco障子とは?
  • 導入のメリット
  • 施工イメージ
  • ご注文から完成まで